• 최종편집 2021-07-28(수)

日本語
Home >  日本語  >  住居

실시간뉴스
  • 韓國の不動産狂風、多文化家族はどうすれば?
      最近アパート價格が急激に上がり、アパートを所有していない人たちは不滿を訴えている。2年前、京畿道のある都市で2億ウォンの貸出を受け3億ウォンのアパートを購入した人は、わずか2年で値段が4億5千万ウォンとなり、1億5千万ウォンを手にいれた。ソウルでアパートを購入したら、價格の上昇額はもっと大きく、3億ウォン以上を手にいれた人も数知れずだ。一生懸命働いても稼げない金額だ。2年前3億ウォンで買えた家が、今では4億5천万ウォンになるわけだから不満も高まる。特にソウルではアパート價格が上がり続け、いい場所では9億ウォンを超し、良くない場所でも4億ウォン以下は下らない。このように最近の不動産價格暴騰にアパートを所有していない庶民の抗議が続き、政府は多樣な對策を打ち出した。7月10日に発表された政府の對策を調べてみよう。   無住宅者、住宅購入たやすく 政府の今回の對策は、ひとりがいくつかのアパートを所有する場合、膨大な稅金を加算し、アパートを所有していない人にはより容易くアパートを購入することができるようにする對策など、二種類に要約される。 まず民間建設社の民營住宅請約に‘生涯最初特別供給’を新設し、新婚夫婦特別供給の申請所得基準を緩和した。 特別供給は生涯初の住宅購入者や新婚夫婦、子どもの多い世帯、高齢者扶養世帯などのための物件を別に用意して供給する制度だ。投機過熱地區內の9億ウォン超過アパートは除き、85㎡以下小型アパートのみ適用される。民營住宅は現在特別供給せねばならない比率が新婚夫婦20%、子どもの多い世帯10%、機關10%、高齢者扶養3%など、計43%だ。これに生涯初の供給が加わり7~15%を新たに配定する。 新婚夫婦特別供給は該當地域の居住者のうち、未成年の子どもが多ければ優先順位が高くなる。子どもがいない、あるいはひとりの場合、当選しにくくなる。   住宅を購入する場合、貸出は? 無住宅庶民がアパートを購入するならば、貸出は必須だ。一度に巨額を支払える人だけがアパートを購入することができるとなると不公平だからだ。しかしお金があるからといって貸出を利用し3棟以上のアパートを購入し、そのためアパート價格が上がるという現像が生まれると、政府は不動産取引が活発な地域を投機過熱地區、調整對象地域などに指定して、アパート貸出を減らす政策を行った。 そうすると今度は無住宅庶民がアパートを購入することができなくなるという副作用が生まれ、7月10日に政府對策で無住宅庶民に限って貸出を少し増やすという政策(住宅擔保貸出比率(LTV)と總負債相換比率(DTI)緩和)を發表した。 投機過熱地區に指定された水原市、河南市と龍仁市、安山市、南揚州市、高陽市などの一部京畿道地域は、アパート購入價格の40%だけ貸出を受けることができる。調整對象地域として指定された所では50%だ。しかし無住宅庶民はこれに加えて10%づつ貸出を受けることができる。多文化家族はアパート購入を考えている地域がどのような規制地域に指定されているのか調べてみよう。貸出がどれぐらいになるかわかるからだ。   多住宅者、稅金爆彈 2住宅以上を保有している人は、今回の不動産對策でたくさんの稅金を払うことになる。家を購入するときには、地方自治團體に取得稅を払うことになるのだが、住宅價格とは関係なく、2住宅世帶は8%、3住宅以上世帶は12%の取得稅を払う。家を一棟所有しており、追加で3億ウォンの家を購入すると取得稅で2400万ウォンを支払う。無住宅庶民が家を購入するときには1%の取得稅がむしろ50%割り引かれ、0.5%となる。 所有している家を売るときの讓渡稅も大幅に値上がりした。不動産規制地域のアパートを購入後、1年以内に売却する場合70%、2年以内は税金が60%となる。例えば3億ウォンのアパートを購入後、4億ウォンで売却すると、1億ウォンの利益がでるが、1年以內に売却すると7000万ウォン、2年以內は6000万ウォンを讓渡稅として支払う。アパートを購入して利益を得る行爲自體を取り締まるためだ。 家を所有しているために払う稅金の総合不動産稅(総不稅)も値上がった。調整對象地域內の2住宅者が所有するアパートの合算市勢が20億ウォンの場合、総不税が568万ウォンから1487万ウォンに、30億ウォンの場合、1467万ウォンから3787万ウォンへと二倍の增加だ。家を2棟以上所有する人は早く売却しろという意味だ。1住宅者はこれよりはるかに少額の稅金を払う。<中國語 面、ベトナム語 面、日本語 面> ソン・ハソン記者      
    • 한국어
    • 행사
    • 日本語
    2020-07-27

실시간 住居 기사

  • 韓國の不動産狂風、多文化家族はどうすれば?
      最近アパート價格が急激に上がり、アパートを所有していない人たちは不滿を訴えている。2年前、京畿道のある都市で2億ウォンの貸出を受け3億ウォンのアパートを購入した人は、わずか2年で値段が4億5千万ウォンとなり、1億5千万ウォンを手にいれた。ソウルでアパートを購入したら、價格の上昇額はもっと大きく、3億ウォン以上を手にいれた人も数知れずだ。一生懸命働いても稼げない金額だ。2年前3億ウォンで買えた家が、今では4億5천万ウォンになるわけだから不満も高まる。特にソウルではアパート價格が上がり続け、いい場所では9億ウォンを超し、良くない場所でも4億ウォン以下は下らない。このように最近の不動産價格暴騰にアパートを所有していない庶民の抗議が続き、政府は多樣な對策を打ち出した。7月10日に発表された政府の對策を調べてみよう。   無住宅者、住宅購入たやすく 政府の今回の對策は、ひとりがいくつかのアパートを所有する場合、膨大な稅金を加算し、アパートを所有していない人にはより容易くアパートを購入することができるようにする對策など、二種類に要約される。 まず民間建設社の民營住宅請約に‘生涯最初特別供給’を新設し、新婚夫婦特別供給の申請所得基準を緩和した。 特別供給は生涯初の住宅購入者や新婚夫婦、子どもの多い世帯、高齢者扶養世帯などのための物件を別に用意して供給する制度だ。投機過熱地區內の9億ウォン超過アパートは除き、85㎡以下小型アパートのみ適用される。民營住宅は現在特別供給せねばならない比率が新婚夫婦20%、子どもの多い世帯10%、機關10%、高齢者扶養3%など、計43%だ。これに生涯初の供給が加わり7~15%を新たに配定する。 新婚夫婦特別供給は該當地域の居住者のうち、未成年の子どもが多ければ優先順位が高くなる。子どもがいない、あるいはひとりの場合、当選しにくくなる。   住宅を購入する場合、貸出は? 無住宅庶民がアパートを購入するならば、貸出は必須だ。一度に巨額を支払える人だけがアパートを購入することができるとなると不公平だからだ。しかしお金があるからといって貸出を利用し3棟以上のアパートを購入し、そのためアパート價格が上がるという現像が生まれると、政府は不動産取引が活発な地域を投機過熱地區、調整對象地域などに指定して、アパート貸出を減らす政策を行った。 そうすると今度は無住宅庶民がアパートを購入することができなくなるという副作用が生まれ、7月10日に政府對策で無住宅庶民に限って貸出を少し増やすという政策(住宅擔保貸出比率(LTV)と總負債相換比率(DTI)緩和)を發表した。 投機過熱地區に指定された水原市、河南市と龍仁市、安山市、南揚州市、高陽市などの一部京畿道地域は、アパート購入價格の40%だけ貸出を受けることができる。調整對象地域として指定された所では50%だ。しかし無住宅庶民はこれに加えて10%づつ貸出を受けることができる。多文化家族はアパート購入を考えている地域がどのような規制地域に指定されているのか調べてみよう。貸出がどれぐらいになるかわかるからだ。   多住宅者、稅金爆彈 2住宅以上を保有している人は、今回の不動産對策でたくさんの稅金を払うことになる。家を購入するときには、地方自治團體に取得稅を払うことになるのだが、住宅價格とは関係なく、2住宅世帶は8%、3住宅以上世帶は12%の取得稅を払う。家を一棟所有しており、追加で3億ウォンの家を購入すると取得稅で2400万ウォンを支払う。無住宅庶民が家を購入するときには1%の取得稅がむしろ50%割り引かれ、0.5%となる。 所有している家を売るときの讓渡稅も大幅に値上がりした。不動産規制地域のアパートを購入後、1年以内に売却する場合70%、2年以内は税金が60%となる。例えば3億ウォンのアパートを購入後、4億ウォンで売却すると、1億ウォンの利益がでるが、1年以內に売却すると7000万ウォン、2年以內は6000万ウォンを讓渡稅として支払う。アパートを購入して利益を得る行爲自體を取り締まるためだ。 家を所有しているために払う稅金の総合不動産稅(総不稅)も値上がった。調整對象地域內の2住宅者が所有するアパートの合算市勢が20億ウォンの場合、総不税が568万ウォンから1487万ウォンに、30億ウォンの場合、1467万ウォンから3787万ウォンへと二倍の增加だ。家を2棟以上所有する人は早く売却しろという意味だ。1住宅者はこれよりはるかに少額の稅金を払う。<中國語 面、ベトナム語 面、日本語 面> ソン・ハソン記者      
    • 한국어
    • 행사
    • 日本語
    2020-07-27
비밀번호 :