• 최종편집 2021-09-09(목)

所得が低く、日常生活が困難ならば生計給與を申請

政府支援が切實な多文化家族は行政福祉センターで相談して下さい

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2021.01.27 13:38
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

KakaoTalk_20210117_170515829.jpg

<자료=보건복지부>

 

基礎生活保障生計給與扶養義務者基準が大幅緩和される。

 

政府は2021年から‘高齢者’と‘一人親家族’、‘重度障がい者世帯’の基礎生活保障生計給與に対する扶養義務者基準を緩和する。

 

扶養義務者基準とは、基礎生活保障を申請した受給者のすべての世帯員を對象に、両親、子ども、など、1寸直系血族の財産所得水準を考慮することを指す。

 

所得がたいへん低く日常生活が困難な場合、政府の生計費支援を受けることができる。

 

その際、扶養義務者基準を確認し、申請者家族の両親と子どもなど、直系家族に財産や所得が多い者がいると生計費支給が拒否されたいた。

 

しかし今回‘高齢者がいる世帯’と‘一人親家族’、‘障がい者世帯’の扶養義務者基準が緩和されたことで、両親や子どもが財産が多いという理由で生計費支援を受けられない事例は減るだろうとみている。 

 

緩和された扶養義務者基準によると、扶養義務者が年1億ウォン、月834万ウォン以上の高所得者や金融財産を除く財産が9億ウォン以上の場合にだけ生計費支援を受けることができない。

 

それ以外の場合は、生計費申請者の所得·財産などの基準のみを満せば、生計給與支援を受けることができる。 

 

2021年基準生計給與を受けることができる中位所得30%基準は4人家族は146万2887ウォン、3人家族は119万5185ウォン。2人家族は92万6424ウォン。

 

自分の家族が受ける給與がこの基準に達していなければ、邑面洞行政福祉センターで生計給與を申請すること。

 

現在の自分の狀況がよく分からなければ、まずは行政福祉センターを訪問して、福祉擔當職員と相談することをお薦めする。

 

一方醫療給與は中位所得の40%以下、住居給與は中位所得の45%以下、敎育給與は中位所得の50%以下に支給するため、生計給與を受けられなくても他の給與の申請が可能だ。

 

政府は広報紙配布、ホームページ揭示など、積極的な広報を進め、對象者を發掘、より多くの人が恩恵を受けられるようにするとしている。

 

政府關係者は“より多くの市民が國民基礎生活保障制度の恩恵を受けられるようになると期待”とし、“過去には扶養義務者基準超過などにより支援を受けられなかった低所得層を積極的に發掘し、福祉の死角をなくしていく”とした。 

 

 

詳しい內容はお住まいの邑面洞行政福祉センター窓口にて。

경기다문화뉴스 

 


태그

전체댓글 0

  • 68930
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
所得が低く、日常生活が困難ならば生計給與を申請
보내는 분 이메일
받는 분 이메일