• 최종편집 2021-10-18(월)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2021.08.07 13:03
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

[크기변환]청소년교통비.JPG

<자료 경기도>

 

<한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6589 >

 

京畿道は‘2021年度上半期青少年交通費支援事業’の申し込みを8月16日まで受付けている。

 

‘青少年交通費支援事業’は2019年下半期から道內バス料金の値上がりに伴い、經濟的に援助を受けなければならない京畿道內の満13~23歲の青少年の交通費負担緩和を目的として導入された事業だ。

 

今回の交通費支援は今年の1月から6月まで京畿バス(市內/マウル)を利用した青少年に、実際に使用した交通費を最大6万ウォン(年間12万ウォン)限度で地域貨幣に還給する。

 

支援対象交通手段は京畿道市內バス(一般、広域、Mバス、京畿循環)とマウル・バス。京畿道 市內·マウル・バス利用前後30分以內(午後9時~次の日の午前7時までは1時間以內)に乗り換えたソウル·仁川バスと電車(地下鉄)利用内訳についても支援する。

 

支援金申し込みは7月1日から8月16日まで、‘京畿道青少年交通費支援ホームページ(www.gbuspb.kr)’に会員登録してから申し込む。

 

まず新規会員は加入時に道內居住確認のための共同認證書に登録後、使用する‘交通カード番号’と支給を受ける‘地域貨幣番号’を登録する。

 

旣存会員で加入してから10ヶ月がすぎている場合、ログイン後に交通カード地域貨幣情報に変更がなければ、すぐに共同認証書で居住地認証を更新して申し込む。

 

ただし紛失などの理由で新しい交通カードを利用している場合、登録されたカード情報を追加(交通カード)または修正(地域貨幣)すること。加入してから10ヶ月がすぎていない会員は、共同認証書を通じた居住地確認手続きは必要ない。

 

‘交通カード番号’は青少年が実際に使用したプリペイド交通カード(Tーマネー、キャッシュ・ビーなど)、または本人名義の後払い交通カードの登録が可能だ。

 

両親や他人名義の後払い交通カードは申し込み不可。‘地域貨幣番号’も本人名義で申し込むこと。地域貨幣が発給されない満13歳や本人名義の携帯がなく、地域貨幣発給が不可能な青少年は、両親か世帶主の地域貨幣番号で申し込み可能。

 

京畿道はよりたくさんの青少年が支援を受けられるように京畿道敎育庁など、関連機関を通じて申し込み方法などをモバイル家庭通信メッセージで発送し、G-バスTV、道·市郡のホームページ、ブログ、SNS、主要道路揭示板などを活用した広報活動を行っている。

 

青少年交通費支給は住民登録表登載を基準にしている。従って外国人住民の子弟でも外国人配偶者や子弟などが世帶別住民登録表記載を要請すれば、住民登録表に登録され支給を受けられる。 

 

支援に関するより詳しい內容は、京畿道青少年交通費支援のホームページ(www.gbuspb.kr)を確認するか、京畿道青少年交通費支援コールセンター(1577-8459)に問合わせること。


태그

BEST 뉴스

전체댓글 0

  • 35781
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
“外国人住民の子弟も青少年交通費支給を受けられます”
보내는 분 이메일
받는 분 이메일